さいたま市の面積は168平方キロメートル。地形は、高台と低地に別れる。
この地域は、関東ローム層と呼ばれる火山灰土でできている。
その土は赤味を帯びた黄褐色をしており、一般に赤土と呼ばれ、粘質をもっている。この土層は、4、5メートルの厚さをもっている上部は立川ローム層、下部は武蔵のローム層と呼ばれている。さいたま市内の標高は最高26メートル、最低3.5メートルを測る。