【八百比丘尼のケヤキ】

大久保地区の字道場というところに日枝神社という古社がある。そこに、幹囲り9.13メートル、根囲り14メートルの市内最大の樹木があり、よく見かけるケヤキと比べ樹齢が何倍であるか想像がつかない。
この大ケヤキには、八百比丘尼が植えたという言い伝えがある。八百比丘尼という人は、文武天皇のとき、若狭の国に生まれ、つねに延命地蔵を信じ、年を経ても老いず、妙齢のよう容姿をしていたという。また八百歳までも生きたわけは、幼いころ、人魚の肉を食べたためだといわれているのだ。
またこの大ケヤキは、ハバキ様とも言われている。
神社の社頭で、荒脛(草のはばき)をかける木という信仰があったかもしれない。
このケヤキは、樹勢なお旺盛である。