上大久保の氷川神社は、本殿が何度か改造を受けている点が惜しまれるが、建立は古く、桃山時代ごろの建築と考えられている。二間社流造り。流造りとしては、市内最古の建築になり、しかも二間社となっている。総ケヤキ造りで、市指定有形文化財である。
もともと、現在の埼玉大学のある場所に建っていた神社で、同大学建設にあたり、この地に移ってきたものである。
伝えによれば、この神社本殿は、大宮の氷川神社の旧本殿を譲り受けたものという。