学校教育目標

「きれいな学校 輝く笑顔」
ナンバーワンスクールを目指して

【目指す学校像】

 1(き)持ちのよい清潔な学校
 2(れ)儀正しい挨拶のあふれる学校
 3(い)思やりにあふれる学校

【目指す生徒像】

 1 進んで学習する生徒
 2 自ら考え、判断し、行動する生徒
 3 心豊かでたくましい生徒

校長より一言
 

この度、澤田純一校長の後任として着任いたしました、木寺 恒(きでら ひさし)と申します。よろしくお願いいたします。今年度は12名の教職員が転退職となり、新たに18名の教職員をお迎えすることとなりました。また、新しく特別支援学級も設置されました。教職員が一丸となり、大久保中学校の伝統を継承し、躍動感あふれる教育活動の創造に全力で取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本校は開校71年目、さいたま市の西部、桜区にある学校です。学区は、治水に力を注ぐ先人のつくりあげてきた歴史と伝統のある地域です。地域の方々の温かく丁寧な支援と雄大な荒川やはるかに望む秩父や奥多摩そして丹沢の山並みの青さ、夕焼けの美しさが自慢の素敵な地域です。

 

さて、本校の学校教育目標は、「きれいな学校 輝く笑顔」〜ナンバーワンスクールを目指して〜です。

現在の日本は、人工知能AIの登場や少子高齢化・人口減少社会の急速な進展等、激しい変化の時代を迎えています。本校の目指す、「ナンバーワンスクール」という言葉には、大久保中学校の生徒に、時代の変革に対応する力を身に付けて欲しい。そして、私たち教職員も教育活動の工夫・改善に挑戦し、常に変革を続ける学校でありたいという願いがこめられています。

上記の願いを受け、本校の目指す生徒像は以下の3点です。

@進んで学習する生徒 A自ら考え、判断し、行動する生徒 B心豊かでたくましい生徒

そして、この目指す生徒像を達成させるために、私たち教職員も4つの分掌に分かれて研究し、教育活動にあたっています。以下各分掌を紹介します。これからも教職員と生徒で力をあわせ、ナンバーワンスクールを目指していきたいと思います。

 

1「大久保学園交流プロジェクト」

大久保学園構想とは、大久保中学校と大久保小学校・神田小学校との絆を示します。また、浦和北高校、埼玉大学とも積極的に連携を図っています。それぞれの交流を通して、生徒に将来について考える機会を提供し、双方のコミュニケーション力を高めていきます。

2「学校生活向上プロジェクト」

気持ちのよい清潔な学校や礼儀正しいあいさつのあふれる学校、いじめを許さない思いやりあふれる学校で、生徒が安心して学ぶ環境を整えます。4月から挑戦しているノーチャイム活動も実践中です。

3「学力向上プロジェクト」

生徒に基礎・基本の力をしっかりと身に付けさせ、考える力を伸ばすために必要な授業改善や工夫を研究します。今年度は「毎日の歩み」の学習ページの活用で家庭学習の定着を図り、新聞から学ぶNIEで社会的関心や国語力の向上に努めています。また、数学の充実に重点化を図ります。

4「特別支援教育プロジェクト」

様々な生徒が互いに理解し合い、お互いに豊かな人間性を育てる機会を積極的につくります。交流給食など新しい取り組みを始めています。


                         校長 木寺 恒